ブログ

ブログが続かない理由の全ての理由はたった1つに集約する

ブログが続かない人

どうも、ナベヤンです。

せっかくブログを始めたのに、いつの間にか全く継続できていないってことありますよね。

  • 毎日更新するぞ! と決意したのに1ヶ月もしたら全く継続できなくなっている・・・
  • どうしても仕事が忙しいので、時間がなくて続かない
  • 大学のレポートが忙しくて時間がなくてできない
  • なかなか稼げるまでの道筋が見えずに続かない
  • なかなかブログを書くネタが見当たらない

などなど書き出すと様々な理由でブログが続かない人が多いです。

 

ですが、これは本質ではありません。これらのブログが続かない理由を1つずつテクニックや心がけで潰したところで本質的には何も変わっていません

結論を言うと、

傷つきたくないから

というたった1つの理由に帰結します。本記事ではこのことを深掘りしていきます。

 

また、ブログが続かない理由っていうのをテクニックで変えるのはまず不可能だということです。

なぜブログを継続することができないのか?

ブログを継続できない理由はいくつもありまして、

  • ブログを書く時間がない
  • 大学が忙しい
  • モチベーションが上がらない
  • ネタがない
  • 書くことがない

とかいろんな理由を考えるんですが、たとえ時間があったとしても、ネタがたくさんあったとしても、結局のところブログが続かない人は続きません。

 

その理由は、「一生懸命やって傷つきたくないから」です。

 

これはどういうことか?

ぶっちゃけ、仕事が忙しかろうが何時間寝ているでしょうか? 6時間のところを5時間半にして30分でも作業をすれば多少は変わりますよ

職場の飲み会に参加してたりしませんか?

 

ネタがなかったらネットで調べてそれまとめてもキーワード次第では十分に稼ぐことができますよ。

そう、結局はこれまでの生活よりも多少の負荷を加えれば十分にブログを書くことは可能なのですよ

 

それでもやらない理由は、このまま全力で進んだとして、自分が一生懸命やったことが結果が出なかったら、自分の尊厳が傷つけられるからです。

つまり、「普段より頑張って努力しても結果が出なかった時に傷つきたくない」というのが先にあって、そのために理由を探し出すのです。

その理由が「時間がない」だとか「大学が忙しい」だとか「ネタがない」などです。

 

このように、最初に「傷つきたくない」という目的がきて、その後に理由を後付けでつけるのを目的論と言います。

アドラー心理学の用語です。

まだ読んでいない人は買って読んで欲しいですが、とりあえずこちらの動画でダイジェストがわかります。

アドラー心理学ではトラウマを否定します。トラウマで部屋から出られない人がいたら、それはトラウマがあるから部屋から出られないのではなく、対人関係で傷つきたくないから部屋から出ないという目的があり、そのためにトラウマを利用するのです。

ブログが続かない表面的な理由を全て潰しても決して継続できない

時間があったらできるのに・・・

会社がブラックじゃなかったら続けられるのに・・・

大学が理系じゃなくて文系だったら続けられるのに・・・

もっと経験が豊富な大人だったら、いい記事がいっぱいかけるのに・・・

それ以外にも僕らはいろんな理由を捏造してしまうのです。

ブログを継続するのが不安です。。。

と嘆いている人がいたので、その人の話を聞いてみました。すると、その人の書いた記事数が3記事だったのです。

そりゃあ、ブログ初めて3記事で稼げるようになった人はまあいないでしょうな。

 

ここまでの話でブログ記事を書くのを続けるのに、テクニックは全く関係ないということです。小手先を解決したところでなんら物事はよくなりません。

ブログ記事が続かない人は承認欲求を捨てるしかない

承認欲求

結局のところブログで稼ぎたい人にとって一番大事なことは、別に失敗していいやって思えることです。

だって、普通にブログを書こうがブログを書かまいが、時間は次々に過ぎていくんですよ。そして、たいていの人は大したことに時間を使ってないんですよ。

だったら、失敗してどんどん傷ついて経験値を積み上げた方がいいんですよ

 

成功している人は失敗して傷つきまくっている人か、失敗をそもそも全く気にしていないかのどちらかです。

僕はもちろん前者です。

いっぱい悩みましたし、いっぱい苦しみました。でも今から思えば、傷つきもしない人生の方がはるかにつまんないですよ

挑戦すれば転ぶのは当たり前だし、うまくいかずに自分の尊厳が踏みにじられたかのように感じることがあります。

でも、そもそも失うものがあるほど僕らは大した人間ではないはず(勝手に決めてすみません)。プライドが高すぎるんですよ。

そもそも失うものなんてほとんどない。

最後に:傷ついて失敗しても何も恥ずかしいことじゃない

本記事のまとめ
  • ブログが続かない理由はいくつもあるが全ては「傷つきたくない」から
  • 傷つかないよりも傷つきながら色々成功する人の方が必ず良い人生になる

ブログ失敗したところで、動かないよりマシ

ブログ100記事書いて結果が出ずに、それで自分の尊厳が傷つけられるかもしれない・・・

そう思うかもしれませんが、僕でも100記事書いて全然結果が出ないことって普通にありますよ。

 

傷つきたくないと思って半年何もしないのと、100記事書いて結果が出ないとしても経験値が蓄積されるのはどちらがいいですか?

むしろ最初は傷つくことをまず目指しましょう

そして、嫌われる勇気を必ず読むことです。この本はビジネスで成功するために必要なマインドセットの根幹がわかります。こんなにいい本は滅多にないです。

ただし、最初は多分受け入れられないでしょう。本としては面白いけど、その本の内容を自分に照らし合わせてみると本当に吐くほど自分が目的論てきに、傷つきたくない言い訳をしていることがわかります。

現実を直視するのが怖い人はやめといたほうがいいです。

ABOUT ME
ナベヤン
ナベヤン
大学3年生の時に借金と仕送りストップによりネットビジネスを開始。 ネット上で塾起業をして、のべ2000人以上の塾生を集客。収益を自動化して今では仕組みの収益のみで生活をすることに成功。3ヶ月で-15kgのダイエットに成功する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です