ダイレクトレスポンスマーケティング

ダイレクトマーケティングは古いのか?もう使えないのか?

ブログだけでなくメールマガジンのようなマーケティングを使って自分のビジネスを作る方法を発信していますナベヤンです。

  • ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)はもう古くて使えないのか?
  • SNSの時代わざわざメルマガを使ったりしなくてもいいんじゃないか?

このような疑問はありますかね。本記事ではこのような疑問にお答えしていきます。結論からいうと、

ダイレクトレスポンスマーケティングはまだまだ重要で今後も最強のマーケティング

と言えます。その理由などを解説していきます。

ダイレクトレスポンスマーケティングが古いと言われる理由は?

情報商材アフィリエイトはDRM

ダイレクトレスポンスマーケティングは時々もう古いと言われます。その理由がTwitterやSNSだけでセールスが完結させられるようになったからです。

例えば、Twitterで有料noteが販売されることが増えてきました

これが可能になったのもTwitterでnoteを販売できるようになってきたからです。

今の時代であっても最強ですし、SNSでうまくいっている人はそれこそ自分のブログをやるべきです。

SNS

SNSでどんどん広がる時代です。ただSNSで知り合う人はやや悩みが定まっていないことが多いです。そこでSNSで集客してLINEで教育するという仕組みを作ると良いでしょう。

LINEを使いながら、SNSでも交流することで、より信頼関係を結びやすくなります。

ダイレクトレスポンスマーケティングは古くない!SNSと融合すべき

DRM×SNS

どれだけSNSが流行ったとしてもダイレクトレスポンスマーケティングが古くなって廃れることはないです。

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリットの1つに潜在的なニーズを持っている人に「信頼構築」と「前提知識の共有」によって悩みを顕在化させるマーケティング手法の事です。

またその中でお客さんとの信頼関係を掴んでいく必要があります

SNSにいる人は結構ぼんやりしている人が多い気がします。いろんな情報発信者を断片的に見ているので、頭の中がカオスになっています。

そういったお客さんと繋がれるのがSNSでのチャンスです。そこからLINE@のようなこちらから情報を提供できるプッシュメディアを使うべきです。

ただ、普段Twitterにいる人で「DRMを学びましょう!」なんていったところで誰が聞いてくれるでしょうか?「リスト」「メルマガ?」それどうやって使うの?

このような状態になるでしょう。

自分が売りたい商品がなかなかTwitter上で理解できなかったりします。というか、本質をつけばつくほどTwitterの良さの拡散される要素がなくなっていきます

ナベヤン
ナベヤン
割と浅いことの方がよく拡散されたりします。

それはそれでメリットがあるんですよ。

SNS時代の繋がりは「属性」が絞れていない状態なのです。

例えば、なんとなく副業をしたい人と繋がることはできますが、その人には無数の選択肢が存在します。

せどりをしようかな、YouTubeをしようかな、ブログをしようかな、Twitterをしようかな、Facebookをしようかな、株をしようかな、FXをしようかな

こういうぼんやり何も定まっていない人ってSNSでもたくさんいるんですよ。こういう人に何の前提情報も共有せずにいきなりセールスしても売れませんよ

これは、別の例でも当てはまります。僕は大学受験の化学の教材を販売していますが、化学のノウハウを発信している人は非常に難しいです。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の本質に「時代性」を加える

DRMのメリット
  • 前提知識の共有
  • 信頼関係の構築

のような本質的な部分はダイレクトレスポンスマーケティングの本質です。

ただ、時代によってDRMの中でも変化していかなければならない部分があります。それが、

  • 売る商品の時代性
  • リストと情報伝達手段の変化

売る商品の時代性

やはり売る商品が時代によってオワコンになることはあります。これはDRMの問題ではなく商品の問題です。

いくらDRMを使ったビジネスだからといって、今の時代に車ではなく馬車を売ることは難しいでしょう。

時代によって売るべき商品が変わります

数年前はちょっと怪しい情報商材の成約率は全然悪くありませんでした。だけど、今はかなり悪くなってきています。

しょうご
しょうご
うわ・・なんか怪しい・・・

って思う人が非常に増えています。

僕自身とても良い情報商材だな〜と思うんですが、怪しいのでアフィリエイトできないってものが非常に増えています。

やっていることは情報商材でも、SNSに映えないものが売れにくくなってきています

リストと情報伝達手段

ダイレクトレスポンスマーケティングはリストと情報伝達手段が時代によって変化します。

今の時代だとメルマガよりもLINEの方がよくよく見られたりします。

ナベヤン
ナベヤン
メルマガの開封率は明らかに昔よりも悪くなってきています。

今でもありますが、昔は住所と名前くらいしかリストがありませんでした。なので伝達手段は葉書以外ありませんでした。リストは、

住所→電話番号→FAX番号→メールアドレス→LINE(SNS)

と変化してきているし、伝達手段も

会いに行く→郵便→電話→FAX→メルマガ→LINE@

のように徐々に徐々に変化してきています。なのでダイレクトレスポンスマーケティングは今後も使える普遍的なマーケティングですが、具体的にやることは徐々に変更する必要があります

SNS時代のダイレクトレスポンスマーケティングの手法

SNS時代のダイレクトレスポンスマーケティングは、1つの伝達手段以外もしっかり学ぶことが重要です。

1つのメルマガだけだと、いつの間にか情報を読んでもらえなくなっていきます。

ダイレクトレスポンスマーケティングの本質を学ぶのも重要

やはりどんな時代でも根幹は変わりません。

僕自身も次世代起業家育成セミナーを学ぶ事で、ダイレクトレスポンスマーケティングの知識を手に入れて、

加藤将太バナー

加藤将太さんが提唱する「時短起業」の中にもダイレクトレスポンスマーケティングを使った、自動化マーケティングが解説されています。

実際僕は加藤将太さんの有料のセミナーに参加しました。その時の映像が無料になってるんですよ

ナベヤン
ナベヤン
俺はおかね払って視聴したのに、羨ましい・・・

嫉妬してしまいますが、それでもオススメです。こちらのセミナーの3本目の動画でダイレクトレスポンスマーケティングの本質が語られています。

ダイレクトレスポンスマーケティングはやっぱり古くない

本質的なノウハウも少しずつ時代に合わせて変化していきます。

ダイレクトレスポンスマーケティング

https://nabeyan-media.com/drm/
エリート会社員の3倍〜10倍を1日3時間以内の労働で稼ぎ出す伝説のセミナーを無料プレゼント!
ABOUT ME
ナベヤン
大学3年生の時に借金と仕送りストップによりネットビジネスを開始。 ネット上で塾起業をして、のべ2000人以上の塾生を集客。収益を自動化して今では仕組みの収益のみで生活をすることに成功。3ヶ月で-15kgのダイエットに成功する。
【無料】1日たった3時間でネットビジネスで億を稼ぐ伝説のセミナー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。