Googleアドセンス

Googleアドセンスのネイティブ広告とは?使わないと損なオススメの貼り方まとめ

しょうご
しょうご
Googleアドセンスの「ネイティブ」って書いてある広告って普通の広告とは何が違うんでしょうか?

Googleアドセンスの広告ユニットの画面で、「ネイティブ」と書いてあるのは、ネイティブ広告と呼ばれるものです。

世の中簡単に稼げる方法はなかなかありません。ですが、このネイティブ広告は即効性が抜群です

 

なぜなら、広告を貼り替えるだけで即収益が上がるものもあるからです。実際に僕はこのネイティブ広告の「関連コンテンツユニット」を導入するだけで収益が3倍になりました

 

今回は、このネイティブ広告とは何か? また、ネイティブ広告をどのように導入したらいいかも解説していきます。

※この記事は3分ほどで読み終わることができます。

Googleアドセンスのネイティブ広告とは?

関連コンテンツユニット

このような関連記事の中に細々と広告が混ざっている広告を見たことはありませんか? このような広告がネイティブ広告です

 

なので、ネイティブ広告を簡単にいうと、

めっちゃサイトに馴染む広告

です。

ネイティブ広告のメリット

ネイティブ広告というのは、サイトを読んでいる人ならば自然と目につくところに広告がある状態です。

なので、自然と広告にも興味を持ってもらえるような設計になっているのです

 

例えば、「関連コンテンツユニット」の広告だと、あなたが記事を読み終わって別の記事を読もうとする時がありますよね。

その時に、関連記事に目をやった時に関連記事の間に広告が馴染んでいたら、自然と広告の文章にも目が移りますよね。

関連コンテンツユニット

なので、読者が広告にも興味を持ってもらいやすいのです

ネイティブ広告の背景

しょうご
しょうご
普通のディスプレイ広告でも目に入ると思うんですけど、なんでネイティブ広告はいいんですか?
ナベヤン
ナベヤン
もちろん、今でもディスプレイ広告は重要だよ。でも、インターネットが普及してかなり時間が経過し、読者も広告の存在を認識しているんだよ

広告というだけで読み飛ばす人が多くなってきているんだ。ディスプレイ広告は見た瞬間に飛ばされることが多くなってきたんだ

 

このように、ネイティブ広告はインターネット黎明期から徐々に徐々にクリック率が下がっています。

これは昔は目新しくて目についたらどんどんクリックしていた人が、徐々に

しょうご
しょうご
また広告かよ

という感覚になり、広告を無意識で避けるようになってきているからです。なので、広告の内容に関わらず広告自体を避けているのです。

そこで、ネイティブ広告を取り入れた場合は以下のようなデータをYahoo Japanが公開しています。

ネイティブ広告(記事にめっちゃ馴染んでいる広告)を導入することで、広告に目が行くようになるのです。

これは、従来のディスプレイ広告が「The 広告」と認識されているので、広告が何かを見る前に退けているのです。

 

ですが、ネイティブ広告は広告自体が自然と目に入るのでそのおかげで読者も興味のある広告には反応するようになるのです

Googleアドセンスのネイティブ広告の種類

Googleアドセンスのネイティブ広告の種類
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 関連コンテンツ

この3つがあります。これらの種類と使い方をお伝えしていきます。

インフィード広告

YahooJapanのインフィード広告

YahooJapanのインフィード広告

Naverまとめのインフィード広告

インフィード広告とは、サイトの記事と記事の間に遜色なく挟まっている広告のことです。Googleアドセンスに限らずこのような広告は増えてきています。

Googleアドセンスは記事の内部に貼り付けるものというイメージがあると思います。そうではなく記事一覧の中で記事と記事の間に挟まっている広告がインフィード広告です

Googleアドセンスのインフィード広告の導入パターン

そのサイトに興味を持って他の記事を見たい人もいますよね。その時に、記事一覧を見ている時に広告が目に入るというわけです。

遜色なく記事に溶け込んでいるので、ディスプレイ広告よりもちゃんと目に入り安いんです。

[関連記事:インフィード広告の設定方法]

記事内広告

記事内広告の具体例

記事内広告はもっとも導入しやすい広告です。使い方が普通のGoogleアドセンスのディスプレイ広告と同じだからです。

 

インフィード広告と関連コンテンツユニットは、いわばサイトに馴染む広告です。

ですが、記事内広告は記事の中で馴染みやすい広告のことです

しょうご
しょうご
あれ、記事内広告とディスプレイ広告ってどう違うんですか?

と思うかもしれません。ですが、ネイティブ広告の「記事内広告」の方がクリックされやすい工夫がされています。

これについてはこちらの記事で詳しく解説してみました。

関連コンテンツユニット

関連コンテンツユニット

先ほどから何度か登場させているネイティブ広告の例がこの関連コンテンツユニットです。

このデザインを見ても分かる通り、サイト内の別記事を読むために関連記事を見ますよね。その時に広告が自然と目に入ります

 

ネイティブ広告でもっとも効果が現れるのがこの関連コンテンツユニットです

 

ただし、関連コンテンツがランダムに表示できるほどの記事数が必要になります。

てことは、30記事とか40記事程度では関連コンテンツユニットは使えるようにならず、Googleアドセンスを初めて1ヶ月や2ヶ月で諦める人は使うことができない広告です

 

ちなみに、このGoogleアドセンスの関連コンテンツユニットは、なんと使えるようになるまでの基準を公開していません

Twitter上で関連コンテンツユニットが解放された人を見ていると次のような条件があるのではないかと考えられます。

関連コンテンツユニットの解放条件
  • 記事数(だいたい100記事以上)
  • PV(1万PVほど)
  • Googleアドセンスを貼っている(サイトの審査が降りていてもアドセンスを貼り付けていないと解放されなかった)

関連コンテンツユニットについては詳しくはこちらの記事で解説しています。

最後に「ディスプレイ広告とネイティブ広告」は適材適所がある

 

ディスプレイ広告とネイティブ広告は適材適所

ぜひ取り入れてください。

でも、

しょうご
しょうご
結局一番反応が取れそうな広告を貼りたいし、いろんな広告を試すよりもどんどんアクセスを集めて稼ぎたい

という人は、ナベヤンがオススメするGoogleアドセンスの貼り方を真似してみてください。

貼り方で損をしまくることはないでしょう。

また、Googleアドセンスで月収5万円まで稼ぐためのロードマップをまとめました。

Googleアドセンスで月収5万円を稼ぐまでに必要なことは全てこの記事に書きましたので、こちらをご覧ください。

ABOUT ME
ナベヤン
ナベヤン
大学3年生の時に借金と仕送りストップによりネットビジネスを開始。 ネット上で塾起業をして、のべ2000人以上の塾生を集客。収益を自動化して今では仕組みの収益のみで生活をすることに成功。3ヶ月で-15kgのダイエットに成功する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。