ダイレクトレスポンスマーケティング

【最強】プロダクトローンチとは?構成ややり方を徹底的に網羅してみた

プロダクトローンチの総まとめ

どうもナベヤンです。

インターネットで最も再現性が高くて、最も多くの人を導いてきた手法がプロダクトローンチです。

とても誤解の多い手法でもあります。

しょうご
しょうご
プロダクトローンチって情報商材を販売する人たちが使う手法ですよね・・・やりたくないんですよね・・・

っていう人もいます。ただプロダクトローンチは販売手法の1つであり、非常に効果が出るので詐欺師も使うんです。

このプロダクトローンチについて徹底的に本記事で解説していきます。

プロダクトローンチとは?

ローンチプロダクトローンチを直訳すると、プロダクト(=商品)のローンチ(=販売)です。その名の通り商品の販売手法です。

リストを大量に収集して、なるべく効率化したコミュニケーションをして、商品販売する手法です。

ダイレクトレスポンスマーケティング

このように集客→教育→販売というステップを一気に踏んで、お客さんと信頼関係を築きながら商品を販売する手法です。

個人ビジネスで億をこえる売り上げを立てるには、このプロダクトローンチを駆使するしかないと言えるでしょう。

プロダクトローンチはコミュニケーション効率を最大化するための販売手法です。

普通の商品販売との違い

対面営業

商品販売前に「教育(ナーチャリング)」という段階が入ることが一番の違いです。ここで返信をしてもらったり、反応をもらうことで少しずつ信頼関係を構築していきます

しょうご
しょうご
プロダクトローンチを使った最大のメリットは広告の費用対効果が非常によくなることです。

プロダクトローンチを使わないビジネスは広告をかけて、認知度を上げ続けて、何かの拍子で商品を購入しようとしない限り売れませんでした。

テレビCMなんかが良い例でした。テレビCMってずっと流し続けることで徐々に認知度がついてきますよね。だけどそれが多くの人に認知されるまで即効性はないんです。

ナベヤン
ナベヤン
ただテレビCMって徐々に認知度をあげるから、効果が出るまでCMを出しきれない会社が多くあったんですよ。

いつうまくいくかわからないから、テレビCMを流すことで疲弊して傾いた会社もたくさんあるでしょう

プロダクトローンチはこのような認知広告のようなギャンブル性の高いものではなく、顧客リストを獲得して徐々にリストを濃くしていく流れを作っていくんです。

プロダクトローンチ

インターネットだとメールアドレス、LINEなど相手の連絡手段を獲得するのが簡単です。そこで獲得した顧客の連絡手段に対して何度も連絡を送ります。

そしてそこで信頼関係を結びながら、価値提供をしてあなたが売る商品への興味関心を高めていきます。

ナベヤン
ナベヤン
プロダクトローンチは1対1のやりとりを演出しやすいんですよ。

なので広告を出して獲得した顧客一人一人に効果的にセールスをすることができます。

コミュニケーションの人数とコミュニケーションの質を同時に高めることができる良いとこ取りの手法なんですよ

プロダクトローンチのメリットデメリット

メリット

今まで売れなかった潜在顧客にも商品を販売できる

プロダクトローンチは信頼獲得を仕組みにすることができます。

広告の費用対効果が認知広告とは桁外れ

先ほども言ったように、なるべくone to oneマーケティングに近づけていきます。

セールスできるの一度ではない

プロダクトローンチはメールアドレスやLINEを使ってセールスをするので、1回だけで終わることはありません。何度もセールスをすることができます。

デメリット

精神消耗が激しい

プロダクトローンチは売れるまで精神消耗がかなり激しいです。1週間ほどは心が休まらない日々が続きます。

コツは小さく小さく試してみることです。

いずれは仕組み化(エヴァーグリーンローンチ)しないと進歩しない

プロダクトローンチは単発で売り上げをあげるためだけに使っている人が多いです。しかしすると失敗しても次に生かすことができません。

最終的には少しずつ自動化していくことが重要です。

プロダクトローンチ=詐欺は間違い

しょうご
しょうご
プロダクトローンチをやろうと思ったけど、プロダクトローンチは詐欺だって聞いた・・・悪いことなの?

と思う人もいるかもしれません。ですがプロダクトローンチは先ほどもお伝えした通り、販売手法にすぎません。

当然それで詐欺かどうかは決まりません。プロダクトローンチが詐欺だというのは、

しょうご
しょうご
包丁を持っているからあいつは殺人犯に違いない!

って言っているのと同じです。包丁を持っている人でも、人に向かって刺したら殺人犯です。料理に使えば料理人です。

では殺人に使われた場合は、包丁が悪いのでしょうか? 違いますよね。殺人犯が悪いやつだから包丁が狂気になったわけです。

プロダクトローンチ=詐欺では全くありません。

残念ながら世の中形式をディスる人って少なからずいます。

アフィリエイト=ステマ

情報商材=悪

オンラインサロン=宗教

クラウドファンディング=乞食

形式そのものをディスる人、主語がでかい人って、すげえバカだと思います。頭悪いので仕方ありません。

プロダクトローンチの構成やテンプレートは?

プロダクトローンチのセールスレター横に倒したバージョンの図

プロダクトローンチは長文のセールスレターを横に分割したものと言われます。よってプロダクトローンチの流れはセールスレターと同じです。

セールスレターの流れはAIDAというのがあります。

  1. Attention(注意)
  2. Interest(興味)
  3. Desire(欲求)
  4. Action(行動)

セールスレターはこのような流れです。

プロダクトローンチはこれらの4つの段階で出来上がっています。プロダクトローンチではいきなりセールスをしないことが重要です。

注意や興味関心をひいた上で徐々に喚起するのです。だいたい大きな流れで3つの流れが必要になります。

  1. 読むモチベーションを持たせる
  2. 問題点と解決策の認識
  3. 行動や投資の重要性を理解してもらう

このようになりたい

1.読むモチベーションを持たせる

 

プロダクトローンチはメルマガやLINEを使って何通もメッセージを送ることになります。なのでしっかり理解してもらうことが大事です。

仕事が好きな人

 

最初は注意関心を引く必要があります。注意関心を引くことなく信用してもらうことはできません。

例えばナンパなんかを思い出してください。ナンパ師についていく女の子ってなんでついていくと思いますか?

信用できそうだから?

誠実そうだから?

違いますよね。それだったら

この注意関心の引き方は「憧れ」や「常識の破壊」です。関心を引くためには、その人がなりたい状態をお伝えすることも大事です。

 

 

この間で信頼を獲得していきます。こうすることで徐々に徐々に

女性の方でナンパについて行ったことがある人はわかると思います。ナンパって別に信頼できるからナンパについていくわけではありません。

すごい、この人手を出してこなさそうだからついていこう!

とはなりません。ナンパについてくる人は、注意・興味がひかれたからです。

「なんとなく顔がタイプ」

「喋り方の雰囲気がすき」

「話しかけ方、声かけの仕方が楽しかった」

などです。信頼→興味ではなく興味→信頼です。

興味・関心を引く

プリローンチ

 

 

プロダクトローンチにはある程度構成があります。これはセールスの流れと同じです。

神田昌典

欲望

欲望を掻き立てることが重要です。このようになりますね。

 

プロダクトローンチの具体的なやり方

  1. 集客メディア構築
  2. 無料コンテンツの準備
  3. リスト獲得ページの作成
  4. メルマガやLINE@の配信システムの準備
  5. プロダクトローンチの中身の構築
  6. セールスレターの構築

参考記事:【完全無料】初心者がプロダクトローンチを始める時に必要なツールまとめ

集客メディア

 

【完全版】無料レポートとは?作り方と絶対に外せないポイントまとめメルマガでビジネスをしようとすると必ず無料レポートを作る必要があります。メールアドレスを取るためには無料レポートと引き換える必要があります。無料レポートをどのようにビジネスに活用していくのか?また無料レポートで入れるべき要素をこちらにまとめましたので、こちらをご覧ください。...

 

無料プレゼントの作成

無料

最初に見込み客のリストを獲得しないことには始まりません。この時意味もなくメールアドレスやLINEに登録してくれる人はなかなかいません。

なのでまずは接点を作るために無料のコンテンツで興味を持ってくれた人と連絡を取れる状態にすることが先決です。

しょうご
しょうご
とりあえず無料のコンテンツが役立ちそうなのでもらっておこう!

って状態を作りたいのです。この時に無料コンテンツが非常に役立ちます。

居酒屋でも『公式LINEに登録してくれた人限定でビール一杯無料!』みたいなサービスありますよね。

あれはビールを一杯無料にしてでもなんとかリストを獲得したいからなんです。

とにかくリストを取ることが重要なのです。その無料コンテンツの作り方は以下の記事で本気で解説していますのでぜひご覧ください。

参考記事:【完全版】無料レポートとは?作り方と絶対に外せないポイントまとめ

リスト獲得ページの作成

 

リスト獲得ページを作成します。オススメはとにかくもらえるものがしっかりすぐにわかりやすく作ることです。

特にブログやFacebook広告などからリストをとる場合は、リスト取りページに遷移する前に何をもらうかはある程度理解している場合が多いです。

↓このようなFB広告を流す場合は、このような電子書籍を手に入れたいからLPに訪れるのです

facebook広告

こんな時に変にキャッチコピーだったり、煽り部分が長ったらしく書かれていたら鬱陶しいです。とっとともらえるものとフォームを載せる方がいいです。

プロダクトローンチのファーストビュー

これくらいサクッとメルマガ登録に誘導した方がいいです。

リスト取りページで詳しい作り方はこちらになります。

【まとめ】リスト取り記事(ランディングページ)の書き方テンプレートリスト取りの記事に...

 

初心者でこれからリスト取りをして初売り上げをあげていきたい人は、リスト獲得ページは無料で作りたいところ。

 

 

プロダクトローンチですね。このようになりますね。このようになりますね。このようになりますね。このようになりますね。このようになりますね。

 

10本売れたので50万円

 

プロダクトローンチを成功させるコツ

リストが少ない時は泥臭く

対面営業リストが少ない時にはなるべく泥臭く一人一人に売っていくという気持ちが重要です。もしあなたのメルマガ読者が100人くらいでしたら、1人1人販売していくと良いです。

しょうご
しょうご
いやいやプロダクトローンチじゃなくね?

って思うかもしれませんが、プロダクトローンチはセールスの中でもコミュニケーションの効率化を図る手法です。

そもそも効率化をはかるほどの人数じゃないので、なるべく泥臭くやった方がいいです

ナベヤン
ナベヤン
プロダクトローンチのスキルはどれだけお客さんのことを知っているかにかかっていると言っても過言ではありません。

なのできっちりお客さんのことを知るためにも、最初はきっちりお客さんとコミュニケーションをとりましょう。

できるならZOOMやスカイプなどで可能な限り見込み客と接点をとることをオススメします。

最終的に自動化してエヴァーグリーンローンチにしたい人も、泥臭く一人一人を理解してからの方がより成約率が高いシナリオが作れます。

プロダクトローンチは魔法ではない

プロダクトローンチはあくまでコミュニケーションを取りながらセールスをする手法で、魔法の呪文のようなものではないです

なので人を忘れた途端にプロダクトローンチでもなかなか商品が売れなくなります。

ナベヤン
ナベヤン
僕自身も最初にプロダクトローンチがうまくいって、手法が魔法のように感じ、お客さんを見なくなっていきました。

どんなメディアを使うか、文章なのか動画なのか画像なのか、何通送るべきか。これらを完璧にテンプレートすることはできません。

それの答えは全てあなたのお客さんが持っています。このようなプロダクトローンチにある程度の流れはあります。だけどそれが全てではありません。

きっちり人を見ることを忘れると、過去の僕のように途端に売れなくなります

これからのプロダクトローンチ

LINEが覇権を握るのは間違いない

プロダクトローンチをする上でこれまで圧倒的に強かったメルマガもそろそろ反応率の落ちが顕著に見られるようになってきました。

確かにLINEは従量課金なので、徐々に高額になっていきます。しかし毎月1000通までは無料だったり、初心者には始めやすいです。

さらにLINEは友達に「タグ」をつけることで、配信数を下げることができます

リストが全ての形は少しずつ変わる

 

リストが全ての形は少しずつ変わっていきます。今の時代うまくプロダクトローンチをしている人は、SNSを交えてクローズドな世界だけじゃなくいろんなメディアを使いこなしています

今までは全てのメディアからとにかくリストを取りましょう! って感じでした。

公式LINEにリスト化しておく

今はあらゆるメディアからLINE公式アカウントに誘導しながら、その一方でいろんなメディアを行き来する必要があると思っています。

リストはいろんなメディアを行き来するものです。LINE

プロダクトローンチを学べる本・教材はこの2つ

ザ・ローンチ

ザ・ローンチ

ザ・ローンチはプロダクトローンチの

普遍的なことが書かれています。この書籍で書かれていることは「

やはりこれからはLINEの時代です。

書籍としてはやや高額な方です。本体価格3070円(税込み4070円)これを読まずにプロダクトローンチを始めるのは考えにくいですね

ちなみに公式で購入した方がいいです。Amazonの方が高額に設定されています。

次世代起業家育成セミナー

 

こちらは無料で視聴できます。この次世代起業家育成セミナーは加藤将太さんという方

しかもこのセミナーを視聴することは3度美味しいです。

  1. 普通にプロダクトローンチの勉強ができる(3本目のセミナー動画)
  2. 次世代起業家育成セミナーのアフィリエイターになると1紹介1万円もらえる(VIPアフィリエイター)
  3. 加藤将太さんのプロダクトローンチを体感できる

そもそも加藤将太さんのプロダクトローンチの解説は勉強になります。

プロダクトローンチ加藤将太

実店舗の例も踏まえてプロダクトローンチを解説しているし、プロダクトローンチの収益が爆発する〇〇と△△を組み合わせた最強のローンチも解説しています。

こちらのリンクから登録すると、VIPアフィリエイターの権利が得られます。

「セミナー視聴」→「アフィリエイター登録」

ちなみに僕から登録すると、VIPアフィリエイターになれます。VIPアフィリエイターなら1人メルマガに登録してもらうだけで、1万円の報酬が得られます。

さらに加藤将太さんはプロダクトローンチで最も結果を出している人の1人です。最初の頃とはかなりシナリオも異なっています。

検証を重ねて、最終的に今は完全に自動化されています

最後に:プロダクトローンチで本当に重要なこと

ジェフウォーカー

プロダクトローンチについて僕が彼の著書『ザ・ローンチ』の中で僕が心に残っている言葉があります。

インターネットの進化をひと言で表現するなら、カンバセーションの向上を目指してひたすら歩みを進める動きだ

カンバセーション=会話

ザ・ローンチ p41

僕はこれがプロダクトローンチで一番大事なことなのではないかと思っています。結局インターネットは対話をしやすいように変化してきました

やはりインターネット以前は広告はターゲットを考えることなく大雑把に流していた、テレビCMでした。

インターネットで出てきたのも、最初はホームページでたま〜にコメントができるくらいです。

その後どんどんSNSができてきて、TwitterやFacebookやInstagramやLINEで交流がメインのメディアが出てきています。

今は完全にメルマガの配信からLINEの公式アカウントに移行してきています。この流れも完全に会話しやすい方向へどんどん変化してきました。

僕らプロダクトローンチをやる側もこの原理原則を忘れてはいけません。結局お客さんとの良い関係を、会話をするためにプロダクトローンチをやっていきます。

ナベヤン
ナベヤン
もちろんお客さんに迎合しすぎる必要はありません。世の中にはつけ上がるお客さんとも言えない見込み客はたくさんいます。

だけど少数のお客さんと長く付き合っていくことが、ビジネスの反映の一番大事なことです。この原理原則を忘れた途端僕もプロダクトローンチを失敗しました。

その時のことは「【体験談】プロダクトローンチ歴5年。失敗した時の5つの理由を徹底解説」で解説しました。

ナベヤン
ナベヤン
ビジネスを始めた時は誰もがお客さんからの反応が嬉しいものです。だけどどんどんそれにも慣れてきます。

このようなタイミングで足元すくわれてしまいます。

エリート会社員の3倍〜10倍を1日3時間以内の労働で稼ぎ出す伝説のセミナーを無料プレゼント!
ABOUT ME
ナベヤン
ナベヤン
大学3年生の時に借金と仕送りストップによりネットビジネスを開始。 ネット上で塾起業をして、のべ2000人以上の塾生を集客。収益を自動化して今では仕組みの収益のみで生活をすることに成功。3ヶ月で-15kgのダイエットに成功する。
【無料】1日たった3時間でネットビジネスで億を稼ぐ伝説のセミナー