Googleアドセンス

Googleアドセンスのコンテンツポリシーの禁止コンテンツと避け方まとめ

しょうご
しょうご
Googleアドセンスをやってるけど、禁止事項に引っかかってアドセンス剥奪されたらいやだな〜
しょうご
しょうご
いつの間にかGoogleアドセンスの禁止事項に触れていたら・・・

Googleアドセンスは一度剥奪されると基本的に2度とアカウントを取得することはできません

なので、剥奪されないように作成するコンテンツにはきっちり気を配る必要があります。

 

また、Google先生が

こんなコンテンツは禁止だよ〜

と完全に開示しているものもあれば、開示しているサイトn

 

本記事ではこれらの禁止コンテンツを深掘りしていきます。

基本的なマインドとしてはそのサイトに企業の広告を貼られてしまうと企業のイメージが悪くならないか? ということを考えていけばいいでしょう

Googleアドセンスの規約で禁止されていることとは?

Googleアドセンスのコンテンツポリシーで禁止されているコンテンツ

Googleアドセンス禁止コンテンツ
  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 自分自身または他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的嗜好、性別、性同一性など、組織的な人種差別や阻害に結びつく特性に基づいて、個人アタは集団の敗訴を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉遣い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • ビールやアルコール度の高い酒類の販売
  • タバコ屋タバコ関連商品の販売
  • 処方箋医薬品の販売
  • 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、複数Webサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • 著作権違反コンテンツ
  • そのほかの違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の方定期券りを侵害するコンテンツ

Googleアドセンスプログラムポリシー(外部リンク)

これを見ると、

しょうご
しょうご
そりゃあこんな記事書いたらアウトに決まってるだろ!

というものと、

しょうご
しょうご
え! こんなのも禁止コンテンツなの?

となるものもあるでしょう。

これだけ列挙されてもまだまだよくわからないというのが本音でしょう。なので次には特に注意すべき禁止コンテンツについて深掘りしていきます

特に注意すべきGoogleアドセンスの禁止コンテンツの詳細

 

詳細に書かれていること「禁止コンテンツ」は必ず一度読んでおくことをお勧めします。この記事ではこのGoogleア ドセンスの

https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja

性的、アダルトコンテンツ

アダルトコンテンツは、Googleアドセンスのポリシーに引っかかります。

アダルト系のコンテンツの規約の目安としまして、大人から子供まで家族みんなで見ることができるかどうかが重要です。

これができないならば、控えておいた方がいいです。

 

幼い子供とグラビアアイドルが水着で出るような番組は見ないですよね?

このような観点でコンテンツを作っていくといいでしょう。

性的、アダルト系の禁止コンテンツ
  • アダルトサイト
  • グラビアアイドル
  • 男性の裸
  • 妊娠・出産の妊婦の画像
  • 児童ポルノ

当然エロサイトはアウトです。

 

また、芸能人のゴシップをまとめたブログを作っている人で、グラビアアイドルの水着写真を載せていた人がGoogleアドセンスのアカウントを剥奪されていました

 

テレビでもグラビアアイドルが出ることはありますよね。そのようなグラビアアイドルの姿でさえも禁止になることがあります

 

以前大島優子さんの水着写真でアウトになったことがあります

 

あと、女性の露出がアウトなのはなんとなくわかると思うんですが、男性の肌の露出もアウトになることがあります

なので肌の露出が多すぎるものはグレーゾーンだと理解しておいてください

 

医療行為に関してもアダルトコンテンツだったり、性的コンテンツと判断されることがあります。

医療行為で性的コンテンツになる例
  • 豊胸
  • 包茎手術
  • 不妊治療
  • ED関連
  • 性病

このように、アダルト目的のコンテンツじゃない場合でも性的な描写がある場合はGoogleアドセンスの規約違反になります

そもそも、医療関係のサイトを作ること自体やめておいた方がいいです。なぜなら、医療関係は人の命に関わることなので、Googleも慎重に検索順位をつけています。

医者、専門家が監修していないサイトが根こそぎ検索順位を下げられることもありました。(専門家が書いていてもアウトになることも・・)

なので、医療系、健康系にはそもそも触れないことをオススメします。

筋トレもグレーです

薬物関連コンテンツ

 

 

アルコール関連コンテンツ

 

 

ですが、全てが全て「アルコール」が関係するだけでダメなわけではありません

以下のようなコンテンツはセーフです。

  • ビアガーデン情報
  • アルコール飲料の会社に関する

酒に関することの全てがダメなわけではありません。

ビアガーデン情報をまとめたサイト自体は全然OKです。また、アサヒやキリンのようなビールの会社のイベントや会社自体の情報をまとめることもOKです。

 

直接的に飲酒を勧めなければセーフというわけです。

ですが、ビアガーデン情報をまとめるサイトで、

ナベヤン
ナベヤン
ビールの季節がやってきて、仕事終わりの一杯は最高ですよね!

っていう文章は規約違反になる可能性があります。なぜなら飲酒を促進する文言に含まれる可能性があるからです

 

ビールはアウトだけど、シャンパンやワインはセーフ! のように書かれているブログもありますが、基本的に避けておいたほうが無難でしょう。

ただ、これから(2019年4月1日)お酒関係のブログに追い風です。楽天アフィリエイトのアフィリエイト報酬の料率が上がります。

楽天アフィリエイト

出典:楽天アフィリエイトのインフォメーション

これを見ると、ビール、洋酒、日本酒のようなお酒関係のアフィリエイト報酬が8%になります。

なので、お酒に関するサイトが非常に稼ぎやすくなります。なので、Googleアドセンスを全く使わないサイトを使うのもありです

グロ・暴力・過激コンテンツ

内臓やら手術中の映像、死体

やはり人はグロいものにも興味が湧きます。

臓器が飛び出ていたり、手術中に開かれたお腹の中の内臓なんかはアウトです。

 

医療現場の動画などは厳しいですね。

処刑などに関する画像やコンテンツ

中国はまだ銃殺による処刑文化が残っているようで、それを調べたことがあります。このようなものはやはり関心を集めます。

ですが、このような

Googleアドセンスは最初はこのようなことはできません。しかし、アフィリエイトをすることができます。

 

医薬品関連コンテンツ

インターネット上で医薬品を買うことは、法律では許可されていますが、Googleアドセンスでは今の所処方薬販売のコンテンツは禁止です。

処方薬のオンライン販売

 

 

ナベヤン
ナベヤン
いや、処方薬を販売しているページへリンクを貼っているだけで、このページでは処方薬を売っているわけじゃないよ!

っていう言い訳は通用しません。

 

 

未承認医薬品とサプリメントの販売

 

ですが、やはり医療系のコンテンツはGoogleの変動を受けやすいのでこれからの時代素人だったり、専門家だったとしても参入するのはオススメしません

著作権違反のコンテンツ

ちなみに、Youtubeにアップロードされているような動画でも、著作権違反のコンテンツを貼り付けているとGoogleアドセンス剥奪の可能性があります

 

アニメとかドラマとかYoutubeに違法アップロードされていることが多くありますよね。ああいうものをブログに貼り付けていくことはやめておいたほうがいいです

報酬プログラムを提供するコンテンツ

 

 

ギャンブルに関するコンテンツ

パチンコや競馬のようなギャンブルに関しては、Googleアドセンスでは禁止されていません。

パチンコの換金はグレーゾーンですが、一応セーフです。

 

麻雀も賭けているとアウトです。

 

一方で、カジノのような今現在日本で認められていないギャンブルに関してはGoogleアドセンスのポリシーにひっかかります

 

とにかく、後ろめたさを少しでも感じてしまうようなコンテンツはやめておいた方がいいです

Googleアドセンスのアカウントはあなたにとっての資産ですから、大切に扱うようにしましょう

Googleアドセンスの違反コンテンツに関する知識あれこれ

Googleアドセンスとアフィリエイトは共存可能

しょうご
しょうご
Googleアドセンスとアフィリエイト広告は同時に貼り付けてもいいんですか?

この質問が時々きますが、OKです。アドセンスとアフィリエイトを併用することは問題ありません。

Googleアドセンスを貼り付けるページで規約違反をしなければOK

しょうご
しょうご
この記事は絶対にこのサイトには必要なんだけど、Googleアドセンスの禁止コンテンツに当てはまってしまいそうなんですよ。どうしたらいいですか?
ナベヤン
ナベヤン
これは、そのページにだけはGoogleアドセンスを貼り付けないことが得策だね!

禁止コンテンツに触れるかどうか怪しい。でもその記事を書かないといけない。

そんな時は、そのページだけはGoogleアドセンスを貼り付けないでおくことがいいでしょう

 

僕が推奨しているアドセンスを貼り付けるプラグイン「Adsense Plugin WP QUADS」は、ページごとにアドセンスの表示非表示を切り替えることができます。

Googleアドセンスの効果的な貼り方とワードプレスの設定方法まとめ 今日はこのような悩みや疑問にお答えしていきます。Googleアドセンスは貼って終わりではなくテストを繰り返して収...

こちらの記事でページごとにアドセンスを取り消す方法も解説しています。

まとめ:Googleアドセンスの規約はグレーは全て避けておいたほうがいい

基本的に微妙なラインのものはなるべく避けておいた方が良いです

とにかく広告主が優先順位が高いのです。

ちなみに、Googleアドセンスを貼り付けるサイトにはアダルトを禁止するのですが、Googleアドセンスの広告自体にはアダルトなものもあります。

広告主はエロ微妙にOKですが、サイト運営者はダメです。

やはり広告主>サイト運営者という順番にGoogleは優先しています。

サイト運営者はやはり広告主とGoogleにお金をもらって稼げているわけでして、やはり従うしかありません。

また、本サイトではGoogleアドセンスで月収5万円を稼ぐまでの道のりを記事にまとめております。

ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ナベヤン
ナベヤン
大学3年生の時に借金と仕送りストップによりネットビジネスを開始。 ネット上で塾起業をして、のべ2000人以上の塾生を集客。収益を自動化して今では仕組みの収益のみで生活をすることに成功。3ヶ月で-15kgのダイエットに成功する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です